中学生日記ブログ 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/07/19 04:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
TAKUTOさん
  • 情報提供今だから描く たくとの時遊帖TAKUTOさんのプロフィール
  • 受験生にとって勝負を決する夏(学校でも塾でも言われ耳にができました)絵なんて描いてる場合じゃないかもしれないしかし描かないという選択はありません今だから思うこと、感じること今しか描けないものがあると思うのです私にとって絵を描くということは自分との対峙です*↓昨年は20号で描きました「命の音」制作途中の様子今年は30号に挑戦します ↓応援 お願いします!

2位
となりのヤギさん
  • 情報提供校長は「水掛け論」がお好き うちの子、中学やめるってよとなりのヤギさんのプロフィール
  • 前回の記事、校長、情報共有すらしてないってよで、新担任に校長へ「1年の時に校長が掲げた再発防止策が、説明もされずに反故にされているのですけど」という私からの伝言が、すぐに届いたようで、家庭訪問後に校長より電話があった。 因みに これが初めて校長から我が家に直接かかってきた電話だ。今まで、要件が校長からの伝言でも質問でも、学年主任、教頭などのかならず人を介してしかアクションを起こしてこなかった人。今回

3位
TAKUTOさん
  • 情報提供ご視聴くださった皆様へ たくとの時遊帖TAKUTOさんのプロフィール
  • 7月10日放送の『マツコの知らない世界』では大好きな盆栽に囲まれてマツコさんとトークできて最高の時間でしたGreat収録前の1ヶ月間ディレクターさんとADさんが猛暑の中何度も打ち合わせに来てくださり収録当日は木村正彦先生清香園社長・山田寅幸さん石井聡子先生が貴重な盆栽とともにご出演くださりお弟子さん、テレビ局のスタッフの方々にも本当に感謝の気持ちでいっぱいです盆栽の魅力をしっかり伝えられるようもっ
4位 TAKUTOさん
  • 情報提供不完全の美学☆近代盆栽8月号 たくとの時遊帖TAKUTOさんのプロフィール
  • ↓『近代盆栽』8月号(現在発売中)表紙の盆栽は木村正彦先生作一位(イチイ)の盆栽です重量感たっぷりですねこんなに立派な一位の盆栽は見たことがありません極陰樹なのでクレイジーな夏は苦手です今月号も見どころ満載『日本の盆栽美』(P81−P87)五葉松の名品とその変遷を通して盆栽美の本質が語られています*日本の美意識『わびさび』について(P88−P95)『茶の本』(岡倉天心)や『正法眼蔵』(道元)などの
5位 みかんさん
6位 コッコパパさん
  • 情報提供私立中学校の帰りの電車|コッコの日記7月15日 コッコとたぬりの日記 〜和なご〜コッコパパさんのプロフィール
  • 私立中学校の帰りの電車|気が休まる楽しいひと時のようです私立中学校の帰りの電車についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。コッコとたぬりの日記、サイト管理人のコッコパパでございます。この記事ではコッコの日記7月15日の【私立中学校の帰りの電車】から私立中学校の帰りの電車|最近はバラバラ私立中学校の帰りの電車|帰りはいつも賑やか私立中学校の帰りの電車|塾時代の他校の友達もいるようです以上
7位 姐御さん
  • 情報提供受験は続くよいつまでも…① 晴れた小道を歩いていこう姐御さんのプロフィール
  • さぁ!この夏を乗り切ればあとは受験まで一直線よ!!!と、鼻息荒く手ぐすね引いている母…わっかるー!!!まさに数年前の私…。もう、ふんっふんっって。あまり自覚がないのが母の困ったところで、母は子を思えばこそなので、致し方ないけど、父から見れば「おーい、お前がそんな意気込んで大丈夫かぁ??」だったかもしれない。実際は私も全然覚えてないけど、どうせ私のことだから、そうだったと思う。そして秋が来て冬が来て
8位 maikoさん
  • 情報提供京都 通信制高校 高校での単位取得、進級、卒業などについては 大阪 通信制高校 京都美山高等学校 転入学・編入学maikoさんのプロフィール
  • 高校での単位取得、進級、卒業などについては、中学までの義務教育と違い出席日数がとても重要視されます。●不登校が続き、ついに出席日数が足りなくなった…。●出席日数がギリギリですと担任の先生に言われている…。●起立性調節障害などがあり、朝起きる事が困難で、遅刻を繰り返してしまう…。●集団行動やコミュニケーションが苦手でこの先ずっと通学できるか不安…。そういった悩みを抱えておられる方はいらっしゃいませ
9位 となりのヤギさん
  • 情報提供校長、情報共有すらしてないってよ うちの子、中学やめるってよとなりのヤギさんのプロフィール
  • 中3に進級してまもなく、家庭訪問があった。 3年の息子のクラスの担任は、2年生の時からの理科の教科担当である。比較的若い男性。ちょっと熱血?、でも理不尽さや傲慢さなどのネガティブな話題は聞いたことがない。授業内容は見たことがないからわからないが、テスト問題やその課題レポートの対応や、息子の話を聞く限りは、信頼がおける先生かなぁと思っていた。テスト前の課題、夏休みの課題は、評価にこだわらなければすぐ
更新時刻:18/07/19 04:30現在